自分の頭で考えた結果

これからも定期的に問題提起を兼ねて書いていこうと思います。よろしければ読者になってください。

サッカー日本代表でわかるTPPコメ問題

サッカーにおいて、GKは非常に重要なポジションです。優秀なGKは、一人で試合の勝敗を変えてしまうこともあります。世界を見渡すとドイツはGK大国で、優秀なGKをたくさん輩出していました。そう、自国のリーグだけでは雇いきれないほどに。

 

さてここは日本、GKは非常に重要なポジションですが、同時に言語の壁が厚いポジションでもありました。ただ点を取ればいいFWと違い、ディフェンスのまとめ役となるべきGKは、コミュニケーションが必要とされるため、多少個人の能力が低くても、日本人のGKが多く使われていました。

 

しかし転機が訪れます。言語の壁を取り払う、翻訳こんにゃくが開発されたのです。これにより、言語の壁に守られてきた日本人GKたちは、ドイツの優秀なGKたちとの争いに敗れ、JリーグのGKはほとんどドイツ人になってしまったのです。まぁ仕方ありませんよね、言語の壁の上にあぐらをかいて、競争から守られてきたのですから、努力不足の自業自得でしかありません。GKのレベルが上がったおかげで、Jリーグの試合のクオリティも上がり、サポーターも大満足です。

 

ところが2年後、ワールドカップ予選が始まると状況は一変します。日本代表の正GKの不在です。日本人GKは、ドイツ人GKに追いやられ、J2で試合に出るのが精いっぱいで、以前よりもレベルが下がってしまいました。世界の強豪国と対戦すると力の差は歴然で、日本人GKを育成しようという機運が高まります。しかし、子供たちはスターのいないGKになりたがりはせず、レベルは下がるばかり。未来永劫、日本代表は正GKの不在に悩まされ続けるのでした。

 

まぁ、必要なものは海外から買えばいい、が通じない分野もあるってことですね。競争にさらせばいいってものではなくて、必要だけど弱い部分ってのは国をあげてみんなで協力して鍛えていかないといけない。過保護がよくないのはもちろんだけど、基礎体力付ける前に競争のど真ん中にぶち込んでも、スラムダンクの矢沢みたいになっちゃいますよっと。

広告を非表示にする